• 脱毛器ランキング

アンダーヘアーの脱毛もキレイに自宅でできるんです!

◆エステでのアンダーヘアーの脱毛の問題

アンダーヘアー(VIO)

アンダーヘアーの量は人によって違います。

しかし、Vライン、Iライン、Oラインの脱毛はエステでも人気がありますから、アンダーヘアーが多くて悩んでいる人は相当多いと言ってもよいでしょう。

エステなり、病院なり脱毛をしてくれるところに行くのも手なのですが、アンダーヘアーの場合はどうしても恥ずかしさが付いて回ります。

脱毛をしにいくだけで恥ずかしいと感じてしまう人も多いですが、対象がアンダーヘアーとなるとその恥ずかしさは通常の脱毛の比ではありません。

アンダーヘアーを見られるというのも問題ですが、Vライン、Iライン、Oラインの場合は格好も問題です。

特にIラインは足を大きく開く必要があるので、このような格好をしたくないと拒否反応を示すのも仕方がないでしょう。



エステや病院に行くのが無理なら家庭で何とか処理をするしかないのですが、カミソリによる処理はどうしても限界があります。

一時的には綺麗に見えるものの、肌にダメージが蓄積されるので長く続けると黒ずみに繋がってしまうケースも珍しくはありません。

毛を抜いて処理している人もいますが、こちらはカミソリ以上に肌に負担がかかるので、やはり問題があります。結局のところ、エステや病院に行かずにアンダーヘアーを綺麗に処理したければ、家庭用脱毛器が最も効果的です。



◆家庭用脱毛器を使ってみる

アンダーヘアー(VIO)

家庭用脱毛器は値段が高いので手を出しづらいかもしれませんが、エステでの脱毛と比べるとコストパフォーマンスの面では優れています。

また、エステでの脱毛は本来は法律違反なので、機器の出力を抑えているという点も問題です。

そのため、エステに行ってもお金だけが無駄にかかってしまい、結果が出ないと後になって後悔する人は多くいます。

それなら、家庭用脱毛器を買って家でアンダーヘアーの脱毛に挑む方がよいのではないでしょうか。

個人で脱毛器を買って処理をする分には法律的な問題はありませんから、実は個人での脱毛の方がエステより安心できます。

家庭用脱毛器の中でも人気が高いのがケノンですが、こちらの出力は非常に高く脱毛効果に期待できるのが魅力です。

アンダーヘアーはどうしても濃くなりがちですから、出力の高いケノンはアンダーヘアー対策に向いています。

また、照射面積が非常に広いので、当てるところが多いアンダーヘアーでも短時間で処理が可能です。

本体自体の値段は高いと感じるかもしれませんが、カートリッジの使用回数が多いので最終的なコストパフォーマンスでは他の脱毛器を上回ります。









最新の記事