• 脱毛器ランキング

小学生・中学生・高校生の子供でも家庭用脱毛器が使えるってホント?!

◆家庭用脱毛器の年齢制限

家庭用脱毛器の年齢制限

子供でも家庭用脱毛器を使ってよいか、これは気になる人も多いでしょう。

小学生の時点で毛が極めて濃くなるケースは非常に珍しいものの、中学生や高校生となると大人と同じぐらい毛が増える人も珍しくはありません。

また、毛が多いことを周囲からからかわれるといった事例も増えてくるので、脱毛をしたいと感じる年頃です。

家庭用脱毛器は、基本的に年齢制限はないので小学生であっても使えますが、小学生の場合は効果があまり期待できません。

成長期の時期は人によって異なってくるので一概には言えませんが、小学生の段階ではまだ成長期が控えていると考えてよいでしょう。

成長期には新たに毛が生えてくるので、早い時期から脱毛を始めても後に毛が増えていきます。

全く効果がないわけではありませんが、ある程度は毛が生え揃う高校生からの方が効果的なのは間違いありません。

エステなどで小学生が受けられるプランを用意しているところもあるので、どうしても毛の量や濃さが気になるなら早めに家庭用脱毛器を使うという選択肢もあります。

中学生も成長期が訪れているとは限りませんが、小学生よりは脱毛の効果が期待できるでしょう。

高校生になると体は大人とさほど変わりませんから、毛が気になるなら家庭用脱毛器を使用すると効果的に毛を減らせます。



◆エステでの脱毛プランとデメリット

家庭用脱毛器の年齢制限

先に書いたように小学生や中学生向けのエステの脱毛プランもありますが、そちらは保護者に負担がかかるのがデメリットです。

エステも保護者の付き添いなしに施術をすることはありませんから、子供が脱毛をするなら必ず付き添う必要があります。

時間的な負担も大きいですし、エステだとどうしても金銭的な負担もかかるので、子供がエステで脱毛したいと希望しても簡単に承認はできないでしょう。

家庭用脱毛器も安い買い物ではないのですが、エステでの脱毛と比べると金銭的な面での負担が軽くなります。

また、エステの付き添いのような時間の無駄を減らせるので、家庭用脱毛器を一台持っておくと便利です。

それでも、エステの方が効果が高いなら任せてみよう、そう感じている人もいるかもしれません。

エステの脱毛は出力が抑えられているので格段に優れているというわけではなく、出力が高い家庭用脱毛器の方が効果的な場合もあります。

安全性の面でも家庭用脱毛器は配慮されているので、説明書に記載されている内容を守れば事故には繋がりません。

高性能な家庭用脱毛器を持っていれば、子供だけでなく自分も使えるのでより美しさを追求できます。








最新の記事