• 脱毛器ランキング

家庭用脱毛器を妊娠中に使っても大丈夫?お腹の中の赤ちゃんへの影響と肌へのリスク


◆妊娠中のムダ毛の処理は基本的に諦めるべき


常日頃から美しい肌をキープするために脱毛を行っていれば、やはり習慣として妊娠中にもこれを行いたいと考えるものです。
しかし、妊娠中というのは肌も非常にデリケートになっており、さらにホルモンバランスが大きく変化していることからムダ毛が濃くなっている人が大半です。

家庭用脱毛器を利用してケアをしようと思っても、いつも以上に気を遣って処理を行わなければなりませんし、肌トラブルのリスクもぐっと高まります。

さらにムダ毛自体が濃くなっているため、いつも以上にケアに時間がかかります。
こういったことを考えれば、妊娠中のムダ毛の処理というのは行わない方が良いといえるでしょう。
いつもは何でもない刺激が乾燥、荒れ、黒ずみなど思いもかけない症状を引き起こすことも考えられます。

またホルモンバランスによりムダ毛が濃くなっている状態の時に脱毛を行っても、それほど効果は得られません。
次から次へとたくましくムダ毛が生えてきますから、そもそもセルフケアでは処理が間に合わないのです。



◆授乳期が終わるまで我慢するべき


妊娠中に家庭用脱毛器を使ってはいけないということはありませんが、肌へのリスクや効率を考えれば仕方ないと割り切り諦めた方が賢いと言えます。
どちらかといえば妊娠中というのは妊娠線の予防のために肌の保湿に徹底すべきで、乾燥を招く脱毛というのは避けた方が良いと言えます。

妊娠中にしっかり保湿に努めていれば、産後、授乳後の肌の乾燥も防げ、再び問題無く脱毛を行えるようになってからの肌のコンディションをしっかり整えていけますので、できることに努めていくようにしましょう。

妊娠中にどんなケアを行うかで産後いかに美しい肌をキープできるかに大きな違いが出てきますから、長い目で考えて本当に必要なケアを行っていけるようにしましょう。

ムダ毛が気になって仕方ないという人の場合、プロの手で脱毛を行ってもらえば良いのではと思うこともあるあもしれませんが、サロンでは妊娠中の脱毛を断っていることがほとんどです。

これを踏まえれば、プロも断るケアを自分で問題無く済ませることがいかに難しいかはよくわかるでしょうから、基本的に妊娠中の脱毛は諦めるべきものということをよく理解しておいてください。
下手なケアを行いストレスを溜めてしまうと心身ともに悪影響を及ぼしますので、ムダ毛では無く身体を第一に考えるようにしてください。






最新の記事