• 脱毛器ランキング

生理中の家庭用脱毛器は避けた方が良い?肌トラブルのリスクと生理前後の注意点


◆問題は無いけれどいつも以上に肌に配慮をして


生理中の肌というのは、普段に比べて非常にデリケートな状態です。
そのため、いつもは何ともない刺激が肌に異常をきたすこともあります。

乾燥、かゆみ、湿疹、ニキビなどといった症状が起こり、また起こってしまった場合なかなか治りにくくなってしまいます。
またすでにこれらも症状が現れている場合に家庭用脱毛器を使ってムダ毛処理を行うと、症状の悪化のリスクがぐっと高まるので気をつけましょう。

生理中のムダ毛の処理というのは肌トラブルが起こることを前提として考えておかないと、思いもかけない症状に見舞われることになるので充分に注意が必要なのです。

行ってはいけないということは無いものの、必要以上に行うことは避けるべきで、我慢できるのであれば1週間は諦めて身体の状態が落ち着いてからケアを行うようにしてください。

どうしても行いたいという場合には刺激、乾燥に十分配慮をして、肌への負担を最小限に抑える努力をしましょう。
面倒くさがらずアフターケアまで完璧に行えないのであれば、脱毛を行ったことで肌が汚くなってしまうこともありますからこの点は良く心得ておかなければなりません。



◆とにかく保湿を徹底すること


生理中に家庭用脱毛器を利用してムダ毛の処理を行う場合には、保湿を徹底するようにしましょう。
生理中の肌はただでさえ乾燥しやすい状態になっていますから、脱毛を行えば症状が悪化することが考えられます。

脱毛を行う日に備えて数日前からしっかり保湿を行いコンディションを整え、脱毛を行った後も必ず温泉水のボディローションなどを利用して保湿を行いましょう。

また毛穴から雑菌が入ると普段以上に炎症を起こしてしまうリスクが高まりますから、冷やして毛穴を引き締めることも忘れてはなりません。
保湿した後の肌に抗菌作用のあるボディパウダーなどを叩くようにするとより完璧なケアが行えるので、こういったものも賢く利用してください。

しかし、あらかじめ肌のコンディションを完璧に整えた状態であっても、脱毛を始めていつもと違う痛みを感じた場合にはすぐにケアを中止しましょう。
生理中に無理に脱毛をすることは肌にとってプラスになることが何もありません。

生理中のムダ毛が気になるのであれば、生理になる前に処理を済ませるなどの工夫をし、期間中はできる限り避けるように努めた方が賢いと言えます。
ムダ毛よりも肌のことを第一に考えてケアを行うようにしましょう。






最新の記事