• 脱毛器ランキング

毛の周期についてよく考えて脱毛!脱毛器の正しい使用頻度

◆毛周期を知っておく

毛周期

脱毛器を製造しているメーカーは、なるべく肌に負担をかけないように工夫を凝らしています。

しかし、脱毛器は毛根にダメージを与える目的で使うものですから、やはりどうしても肌への負担は避けられません。

肌に強い人であっても、脱毛器を無闇に使用していると肌を傷めてしまうので、使用頻度についてはよく知っておく必要があります。

これは家庭用脱毛器に限った話ではありませんが、脱毛をする上で重要なのは毛周期です。体のいずれの毛も、成長期、退行期、休止期の3つの段階に分けられていて、基本的に脱毛ができるのは成長期の時だけです。

退行期だと毛によっては脱毛効果を得られる場合もあるものの、確実に効果があるわけではありません。

休止期の毛根は皮膚で完全に休んでいる状態なので、成長期にならないと毛は生えてきません。

現在の脱毛器は、毛が生えている状態でないと毛根に影響を与えられないので、ただ回数を増やしても効率が悪く皮膚に悪影響が出るだけです。



◆使用頻度はどれくらいがいいのか

毛周期

今まで脱毛をしたことがない部位の場合、脱毛器が完璧な働きをしていたとしても脱毛に至るのは多くて3割程度です。

それくらい、生えていない毛の数は非常に多いので、脱毛器を何回か使って処理していきます。

毛周期は部位、そして人によって違ってくるので一概には言えませんが、エステでは2ヶ月から3ヶ月程度に1回くらいの割合で照射するのが基本です。

もっとも、家庭用の脱毛器の場合はそこまで長く空ける必要はなく、10日くらいの間隔が空いているなら問題ないでしょう。

脱毛器の説明書には必ず使用頻度について記載されているので、それ以上短い期間で使わないようにしてください。



最初は10日程度の短いスパンで使用していき、徐々に間隔を伸ばしていくのが家庭用の脱毛器の基本的な使い方です。

また、メーカーが想定している使用頻度とは別に、脱毛器を使うのが避けた方がよい時期もあります。

基本的に、脱毛器はメラニン色素に反応するので、日焼けしていると肌へのダメージが増えてしまうのです。

日焼けに注意していても、夏場はどうしてもメラニン色素が増えやすいので、顔など陽射しが当たる場所の脱毛はなるべく避けた方が無難です。

これはエステや病院で施術する場合も同じなのですが、脱毛を始めるのは秋がよいと言われています。

日焼けに繋がりやすい夏が終わり、秋から脱毛を始めると夏までに効率よく毛を減らしていけるので、脱毛器を買うなら秋がよいでしょう。






最新の記事